FC2ブログ

07/20 KATO EF65 後期形(JR仕様)入線&現行化する











暑い日が続いてますね。自分は撮影には全く出かけていません。






その代わりに持ってる模型の小加工などをしてます。気温も高く乾燥が早いので塗装にはもってこいですね。








そして今日は新たに購入した模型の入線と加工記事です。






今回はこちら、








DSC_9647.jpg

DSC_9648.jpg
「KATO 3061-2 EF65 1000 後期形(JR仕様)」になります。

DSC_9649.jpg

DSC_9650.jpg
屋根がグレーと黒、モニタ窓も黒でJRマーク付きの仕様になっております。Hゴムはグレーです。
1990年頃のブルトレ牽引時代がモデルとのことで瀬戸のHMが付属してます。

で、この機関車を現行仕様にします。

DSC_9651.jpg
しかし幸先悪く、塗装の乱れがあり・・・

DSC_9652.jpg
貫通ドアの青い部分です。

DSC_9653.jpg
というわけで交換してもらいました。二度手間でめんどっちかったですハイ。

DSC_9654.jpg
番号は1105一択です。それ以外を選ぶつもりもありません。

Hゴムはグレーから黒に変えなければいけないのですが、ラウンドハウスから黒Hゴム用のガラスセットが出ています。
が、調べたらどこにもなく現在は入手困難のようです。

ただですね、奇跡的に問題はありませんでした。実は今持ってるKATOのゲッパは2台目なんです。
一台目は誤ってボディを破損させてしまったのですが前面ガラス、モニタ窓などのパーツは生きてました。

生き残った必要最低限のパーツを利用していきます。

DSC_9655.jpg
しかし側面のものはロゴがかかってるので使えません。元あったものを油性ペンで黒にしていきます。

DSC_9656.jpg
これでOKです。あとはクーラー付き避雷器、ゲッパのスノプラ付きのカプラーセットをそのまま流用して、

DSC_9657.jpg
パンタ塗装とステップ色差しで出来上がり。いやー出来も良くかっこいい。

銘板が元から印刷済みなのはありがたいですね。
側面のナンバーですがはめると端っこが若干浮くので無理に押し込まずにヤスリで少し削りはめ込むといいでしょう。

DSC_9674.jpg
完成したので所持してる旅客のPFたちで記念撮影です。
右から1102、1104、1105、1107、1118(KATO・TOMIX)です。なんだかんだいってKATOは安定してますね。

DSC_9675.jpg
1105号機はTOMIXの田端PFに付属してますが、TOMIXのものは別ナンバーにしてました。
KATOのPFは元から欲しかったので嬉しいです。番号も1105号機にできたのでなおさら、大切にします。

DSC_9659.jpg
ちなみに牽引ですが・・・ゲッパ同様チキかホキの二択になりそうです。
画像検索しても特にこれといったものを引いてる画像が出てこなかったので。

あと屋根が見える写真がいくつか見つかりましたが、
青そのままかグレーなのかどっちか分からない上に変なことになってもあれなのでいじらないでおきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミヤ

Author:ミヤ
田園都市線、主に8606Fを中心とした東急車の日々の動向を記録して綴っていくブログ。
風景やスナップ、JRや東急以外の私鉄路線も撮ります。

現在処方薬の副作用による発症のジストニアの療養中。

Twitterはやってません。


使用機材
Nikon D850

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる